ニランジャナスクールのロゴ

Niranjana
Sewa
Sanga

School for poor children in Sujata village, Bodh-Gaya, INDIA
インドの貧しい子どもたちのための学校&孤児院を支援するNPO

==========ニランジャナセワサンガ(NPO)==========
〒550-0014大阪市西区北堀江1-3-7倉商ビルB1F
インドレストランShama内 TEL/FAX:06-6536-6669
===========================================

ニランジャナスクール
とは?
最新ニュース
イベント紹介
スタディツアー
インドでボランティア
どうやって
支援する?
学校訪問
歓迎!
お問合せ
アクセスマップ
インドレストラン
Shama
photo
ニランジャナスクールとは?
貧富の差と食糧危機
農業と出稼ぎ
医療〜村々の巡回診療〜
孤児院
運営費の問題
学校を支援する!
私たちに何ができる?
スタディツアーに行こう!
シニアツアー
学校を訪問する!
創設者 シッダルタ クマル
自立に向けて
奨学金プロジェクト
学校給食
写真集
井戸を寄付する!
救急車を寄付する!
リンク集
サイトマップ

運営費の問題

2006年10月、 ボランティアで集まった日本の大学生50名が1年かけてアルバイト代を出し合って 新しい校舎と孤児院を完成させました。
この新校舎、さらに2つの別の村にある分校、孤児院、あわせて4つの建物で 熱心に学ぶ子どもたち500名。
学費を出すのは州政府ではありません。
両親達から集まる授業料は毎月たったの1〜2万円ほど。
他には海外からの個人サポーターが少しづつ出し合っておよそ10万円程度がまかなわれている程度です。

一方、かかる運営費は孤児15名の3食の食事だけでも月額2万6千円、 孤児院運営費総額が毎月約8万円、学校運営費総額が月約30万円、 合わせて月額約38万円が必要です。

運営費内訳としては、食事、医療、制服や孤児の衣服、 光熱費、調理師や保育士、世話人などの人件費、さらに生徒500人分の文具、 制服、給食、そして教師の人件費等です。

今、その運営費が不足しています。 ニランジャナスクールを応援してくれる人を探しています。

スクールの支援をする!→

次へ進む。→『学校を支援する!』

TOP

Copyright(c) Since 2001 Niranjana Public Welfare School
All Rights Reserved.