ニランジャナスクールのロゴ

Niranjana
Sewa
Sanga

School for poor children in Sujata village, Bodh-Gaya, INDIA
インドの貧しい子どもたちのための学校&孤児院を支援するNPO

==========ニランジャナセワサンガ(NPO)==========
〒550-0014大阪市西区北堀江1-3-7倉商ビルB1F
インドレストランShama内 TEL/FAX:06-6536-6669
===========================================

ニランジャナスクール
とは?
最新ニュース
ブログ
スタディツアー
インドでボランティア
どうやって
支援する?
学校訪問
歓迎!
お問合せ
アクセスマップ
インドレストラン
Shama
photo
photo
ニランジャナスクールとは
貧富の差と食糧危機
農業と出稼ぎ
医療〜村々の巡回診療〜
孤児院
運営費の問題
学校を支援する!
スタディツアーに行こう!
学校を訪問する!
創設者
奨学金プロジェクト
学校給食
写真集
スジャータアシュラム
インド植林プロジェクト
リンク集

創設者 シッダルタ クマル

〜インドで最も貧しい地域に生まれ育って〜

日本のみなさん、こんにちは。
この学校の目的は、この地域の村々の子どもたちを
心身ともに健やかに育て、将来彼らが自立して生活できるのための
実践的な知識等を身につけさせることです。

ここブッダガヤはご存知のとおり、2500年前にブッダが瞑想し、
悟りを啓いた地です。ブッダは多くのことを私たちに伝えています。
その精神から学ぶことも大事だと考えています。

人々は古いカースト制度に未だ影響を及ぼされることもありますが、
人々は本来皆平等です。この学校はそのような差別とは無縁です。
学校ではもちろん高いカーストの子どもと低いカーストの子どもが
席を隣り合わせて勉強しています。

個人的な感想ですが、日本人は世界のどの国の人よりも親切で正直で、
よく働く人が多いと思います。
私は日本の方々の勤勉さから学んだことが数多くあります。
一方で、日本の方々に見ていただきたいことがあります。

私の生まれ育ったインド・ビハール州の貧困は深刻で、自分自身も学校に通えず、
つらい想いをしました。日本では識字率が90%以上だと聞いたことがありますが
、 ビハール州では半分以下です。私は自分が教育を受けることができなかった分、
学校へ行きたいと望むすべての子ども達に教育を受けさせてあげたい、
そして貧困問題を解決したいと強く思っています。

日本のみなさん、もし機会があればぜひ学校を訪問してください。
きっと日本とはちがった現状に驚かれるかと思います。
また、学校で学ぶ子ども達への支援をぜひお願いします。
子ども達一人ひとりの笑顔をたくさん増やしていけるよう、 一緒に頑張っていきましょう!

次へ進む。→『自立に向けて』

TOP

Copyright(c) Since 2001 Niranjana Public Welfare School
All Rights Reserved.