ニランジャナスクールのロゴ

Niranjana
Sewa
Sanga

School for poor children in Sujata village, Bodh-Gaya, INDIA
インドの貧しい子どもたちのための学校&孤児院を支援するNPO

==========ニランジャナセワサンガ(NPO)==========
〒550-0014大阪市西区北堀江1-3-7倉商ビルB1F
インドレストランShama内 TEL/FAX:06-6536-6669
===========================================

ニランジャナスクール
とは?
最新ニュース
ブログ
スタディツアー
インドでボランティア
どうやって
支援する?
学校訪問
歓迎!
お問合せ
アクセスマップ
インドレストラン
Shama
photo
photo
ニランジャナスクールとは?
貧富の差と食糧危機
農業と出稼ぎ
医療〜村々の巡回診療〜
孤児院
運営費の問題
学校を支援する!
私たちに何ができる?
スタディツアーに行こう!
シニアツアー
学校を訪問する!
創設者 シッダルタ クマル
自立に向けて
奨学金プロジェクト
学校給食
写真集
井戸を寄付する!
救急車を寄付する!
リンク集
サイトマップ

救急車を寄付してくださる方を探しています!

===救急車===

日本のように、救急車やその代わりになるような車が24時間走ってないため、
緊急事態の際には、
ニランジャナスクールのジープがその役割を果たします。
周辺のそれぞれの村は何キロも離れており、
病院や医者が存在しない地域がほとんどのため、
どんな緊急事態のときにも、
呼ばれればすぐ出動しなければなりません。
病院での治療費、ジープのガソリン代など、もちろん貧しい人々が払えない場合には、 ニランジャナスクールが負担しなければなりません。
それらの金額負担があまりに大きい一方、
ニランジャナスクールにはその予算がないため、
常に慢性赤字の状態です。
さらに、1つの大きな問題があります。 ニランジャナスクールのジープはたったの一台で、 常に学校と孤児院のための物資の搬送、スタッフや接客のために使われているため、 緊急時にいつでも救命器具を積んですぐ出動するのが困難な場合があります。

そのため、現場にはもう一台の、救急車専用のジープが必要です。
この費用が200万円必要です。
寄付していただける方を探しています。

200万円という金額はもちろん小額ではありません。
ですがこの救急車一台で救える命の数もまた、少なくはありません。
何千という命を救うことができます。

目の前の、いま、消えゆく、「ひとつ」の命が
あなたの愛によって再びつながることは、
そこに何物にも代えがたい、
本当の価値が、本当の意味が、
あると思いませんか。

人の命は、
お金なんかに換えられない。
ですがこの救急車は、
たくさんの人の尊い命を
救います。

寄付してくださる方を探しています。
資料請求は、 こちらよりお願いします。

戻る。→『医療〜村々の巡回診療〜』

次へ進む。→『孤児院』

TOP

Copyright(c) Since 2001 Niranjana Public Welfare School
All Rights Reserved.