ニランジャナスクールのロゴ インド・ビハール州の教育・孤児院・無料診療所を支援するNPO法人
スクールバス購入基金終了まであと1カ月!ご協力お願いします!

==========NPO法人ニランジャナセワサンガ==========
〒550-0014大阪市西区北堀江1-3-7倉商ビルB1F
インドレストランShama内 TEL/FAX:06-6536-6669
===========================================

ニランジャナスクール
とは?
最新ニュース
ブログ
スタディツアー
インドでボランティア
どうやって
支援する?
学校訪問
歓迎!
お問合せ
アクセスマップ
インドレストラン
Shama
photo
photo
ニランジャナスクールとは
貧富の差と食糧危機
農業と出稼ぎ
医療〜村々の巡回診療〜
孤児院
運営費の問題
学校を支援する!
スタディツアーに行こう!
学校を訪問する!
創設者
奨学金プロジェクト
学校給食
写真集
スジャータアシュラム
インド植林プロジェクト
リンク集

ニランジャナスクールとは?

〜インドの貧しい子どもたちのための学校&孤児院〜

あなたは知っていますか?
毎日、一日が終わる頃には
世界で約25,000人もの命が奪われるということを・・・
この世界には識字率が10%にもみたない 国が存在するということを・・・
今あなたがこのメッセージを読んでいる今でも、
世界では約8億人もの人々が
十分な食糧をとることができていないということを・・・

ニランジャナ パブリック ウェルフェア スクール(略ニランジャナスクール)は貧しくて学校に通えない子どもたちの ために建てられた学校(NPO/NGO)です。
インド、ビハール州、ブッダガヤのスジャータ村(バクロール村 )でブッダガヤ周辺の17の村々から最貧困層の子どもたちを集めて小学校から高校まで 9年間の教育を無償で提供しているNGO(トラスト)です。

現在3つの校舎では500名の児童が学び、孤児院には23名の孤児が暮らしています。

ニランジャナセワサンガは、
このニランジャナスクールと周辺の貧しい村々を支援するNPOです。

そもそものきっかけ

そもそも、なぜニランジャナスクール(NPO/NGO)は公立ではないのでしょうか?
もともとビハール州はインドで最も貧しい州であるといわれ、 州政府が十分な数の学校と教師を提供していないため、たくさんの子ども達が公立学校に通えないでいます。 特にこの地域の農村地帯では、2人に1人以上が未だに学校に通えないでいるといわれています。


1979年にここスジャータ村で生まれたシッダルタ・クマルも同様、 家庭が貧しく学校に通えませんでした。幼いころから街に出て児童労働をして育った彼は、このような つらい体験を村の子ども達にこれ以上させるまいと決意し、 1997年、生まれ育ったスジャータ村に学校という名の小さなNGOを立上げました。
これがニランジャナスクールの始まりです。

どんな科目がある?→

次へ進む。→『貧困の現状と食糧危機』

TOP

Copyright(c) Since 2001 Niranjana Public Welfare School
All Rights Reserved.