ニランジャナスクールのロゴ

Niranjana
Sewa
Sanga

School for poor children in Sujata village, Bodh-Gaya, INDIA
インドの貧しい子どもたちのための学校&孤児院を支援するNPO

==========ニランジャナセワサンガ(NPO)==========
〒550-0014大阪市西区北堀江1-3-7倉商ビルB1F
インドレストランShama内 TEL/FAX:06-6536-6669
===========================================

ニランジャナスクール
とは?
最新ニュース
ブログ
スタディツアー
インドでボランティア
どうやって
支援する?
学校訪問
歓迎!
お問合せ
アクセスマップ
インドレストラン
Shama
photo
photo
ニランジャナスクールとは
貧富の差と食糧危機
農業と出稼ぎ
医療〜村々の巡回診療〜
孤児院
運営費の問題
学校を支援する!
スタディツアーに行こう!
学校を訪問する!
創設者
奨学金プロジェクト
学校給食
写真集
スジャータアシュラム
インド植林プロジェクト
リンク集

自立に向けて

〜村の持続的発展と自立のためのプロジェクト〜

ニランジャナスクールは永久に日本や海外からの
支援を頼るわけではありません。5年、10年、20年と経てば、
ニランジャナスクールで育った卒業生たちが増え、積極的に社会に出て
学校を支援する側にまわります。

そして力をつけた彼らが村に帰り、
率先して地域の貧困や教育の問題に取り組むことでしょう。
そのためニランジャナスクールでは農業や裁縫、コンピュータ教育など、
将来の収入につながる自立支援プロジェクトに同時に取り組んでいます。

ニランジャナスクールの本当の目的は、
子どもたちが思いやり・助けあいのすばらしさを学ぶこと、
そして貧しさやカースト差別に負けず、
自分達自身で協力して問題を解決していくことの大切さを学ぶことにあります。

自分達の生活の向上を自らの手で実践していくことが子どもたちの、
そして村人達の最終的な目標であり、
そのためにニランジャナスクールは活動を続けています。
その将来に向けて今、彼らには支援が必要です。

=====================================

最後に・・・

日本は、世界一食糧をムダに廃棄している国として知られています。
年間200万トンを廃棄しているといわれ、
途上国では1億人が食べていける量といわれています。
一方で食べ物がなく飢えるインドの子どもたちが存在します。
そんな矛盾のなかで、私たち日本人はこの状況をいつまで
無視し続けることができるでしょうか。
このメッセージをはじめて読んでくださった方に、
ほんの少しでも何かを感じていただけたとしたら、
それはすばらしいことだと思います。

このメッセージのこと、インドで起こっていること、
また世界で起こっていることをあなたの周りに少しだけ拡げてみていただけたら、
それはもっと素晴らしいことだと思います。

 一人ひとりが、できることから少しずつ歩むことによってのみ、 矛盾だらけの世界が本当の意味で「平等」に変わるのではないでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。
ニランジャナセワサンガ

次へ進む。→『写真集』

TOP

Copyright(c) Since 2001 Niranjana Public Welfare School
All Rights Reserved.