ニランジャナスクールのロゴ

Niranjana
Sewa
Sanga

School for poor children in Sujata village, Bodh-Gaya, INDIA
インドの貧しい子どもたちのための学校&孤児院を支援するNPO

==========ニランジャナセワサンガ(NPO)==========
〒550-0014大阪市西区北堀江1-3-7倉商ビルB1F
インドレストランShama内 TEL/FAX:06-6536-6669
===========================================

ニランジャナスクール
とは?
最新ニュース
ブログ
スタディツアー
インドでボランティア
どうやって
支援する?
学校訪問
歓迎!
お問合せ
アクセスマップ
インドレストラン
Shama
photo
photo
ニランジャナスクールとは?
貧富の差と食糧危機
農業と出稼ぎ
医療〜村々の巡回診療〜
孤児院
運営費の問題
学校を支援する!
私たちに何ができる?
スタディツアーに行こう!
シニアツアー
学校を訪問する!
創設者 シッダルタ クマル
自立に向けて
奨学金プロジェクト
学校給食
写真集
井戸を寄付する!
救急車を寄付する!
リンク集
サイトマップ

現地に井戸を掘る!

せめて。
地球上に住む人みんなが。
“ 水 ”を飲むことができたら。
作物を育てるための 
“水”を手にすることができたら。
地球上から“ 飢え ”の苦しみが消えるはず。

プロジェクトの趣旨

インドで最も貧困が激しい州、
ビハール州に位置するブッダガヤ周辺の貧しい村々に井戸を掘るプロジェクト。
ビハール州から全インドへ。
全インドから世界へ。
この運動を広げていき、貧困撲滅へつなげることがねらい。

インドの再貧困州、ビハール州の農村地域では、
乾季に雨が降らないため、食糧不足、水不足で餓死する人々が後を絶ちません。
食糧が手に入らないため、
家族の生存をかけて、都会へ肉体労働の出稼ぎへ出る人々が多くいます。
長時間過酷な労働を強いられ、
それでも十分な収入が得られず苦しんでいる人々は無数にいます。
口減らしのためにわが子を手放し、債務奴隷に出す親もいます。
債務奴隷とは、親が日本円にして数万円で子どもをブローカーに売り、
奴隷同様に工場などで長時間労働させるものです。
そこでは暴力、虐待や殺害などが当たり前のように行われています。
このような惨事をなくすためにはどうすればよいのでしょうか。

子ども達を自分達の村で、地域で育てることができる、
作物の実る土壌が必要です。
乾燥地に生きる村人が「水」を手に入れること。
広がってしまった荒地を農地に戻して作物を育て、
ため池をつくり魚の養殖をし、土に水を蓄える大きな木を育てること。
またより一層工夫して乾燥に強い作物づくりをすること。

そのような一つ一つの努力を重ねるためにどうしても必要なのが井戸。
極度の乾燥にも耐える農業・飲用兼用のウォーターポンプを一つつくるのに
5万円〜200万円必要です。

お腹がすいて眠れない子ども達、喉が渇いて涙も涸れた人々に水を。
私達と一緒に活動してくれる仲間を探しています。

一口5万円で募金を賛同しております。
賛同いただいた方皆様全員のお名前を刻印したプレートを井戸に設置いたします。
井戸ひとつ当たり40口の賛同が集まり次第、設置作業を開始いたします。
個人、会社、団体で1つの井戸の寄付も受け付けております。
資料請求は、 こちらよりお願いします。



戻る。→『私たちに何ができる?』

次へ進む。→『スタディツアーに行こう!』

寄付金で支援する!→

文具・衣類を送る!→

関西でのイベントに参加・お手伝いする!→

インド料理を食べる!→

事務作業でボランティアする!→

パンフレット配布・ポスター貼りに協力する!→

インドスタディツアーに参加する!→

現地でボランティアする!→

現地に井戸を掘る!→

現地に救急車を寄付する!→


TOP

Copyright(c) Since 2001 Niranjana Public Welfare School
All Rights Reserved.